WebエンジニアN.K2018年9月 中途

「人の役に立つWebサービスを作りたい」
この想いを胸に日々勉強中

愚痴も悪口も一切ない
心から信頼できる仲間、恵まれた環境。

Q. 入社を決めた理由は何ですか?
もともとエンジニアになった動機が、「人の生活の役に立つようなWebサービスを作りたい」という想いからだったのですが、エイチームのサービスがまさにそれだったんです。 「みんなで幸せになれる会社にすること」という経営理念にも、すごく共感できました。
しかも、社員の誰に聞いても、その経営理念を自分の言葉でしっかり説明できる人ばかりで。会社全体に経営理念が浸透していることがわかり、良い会社だなと感じました。
Q. 入社前の印象と入社後でギャップはありましたか。
誰もが経営理念を実践しているところは、想像通りでした。 驚いたのは、思っていた以上に自分より年下の人が主力として活躍していたことです。若手にも大きな仕事を任せてもらえる社風だなと。実際、私自身も入社して2ヶ月ほどで、一人で大きな業務を任されるようになりました。失敗もしながらやり遂げることができ、すごく自信になりましたね。
Q. 現在担当されている仕事内容を詳しく教えてください。
住宅ローン事業で、新規機能の設計・開発や既存機能の改善等を行っています。また、社内製の分析ツールの改善や、新規事業のサイト立ち上げに参加することもあります。
Q. 仕事のやりがいや醍醐味はどんな時に感じますか。
自分が開発した機能をリリースし、そこから成果に繋がった時に、「人の役に立てている」と実感します。 あとは、フィナジーの仲間はフィードバックをしてくれるんです。仕事の内容ももちろんですが、「N.Kさんのこういうところが良いよね」と口に出して伝えてくれる。すごく嬉しいし、やりがいを感じますね。
Q. 仕事をする中で心がけていることは何ですか。
周囲とのコミュニケーションを欠かさないこと。「相手の話を否定しないこと」と「共感する」ことを特に意識しています。
そして、自分の芯がブレないようにすること。 フィナジーは良い人ばかりで、頼まれると何でも「やります!」と言っちゃう人が多いのですが、そうなると本当に自分がやりたかったこととズレてくることもあるので、意識的に「自分の芯となるもの」はブレないように意識しています。
Q. 今までで大変だったエピソードと、どうやって切り抜けたかを教えてください。
入社して間もない頃に、大きな機能の開発を任されました。自分なりに動いたのですが、既存のシステムも商材についても知識が浅く、作業工数を正しく見積もることができなかったため、予定よりもリリースが大幅に遅れてしまったんです。
振り返ってみると、チーム内、特にエンジニア以外の職種のメンバーとのコミュニケーションが足りなかったなと。そこから逐一現状の報告や相談などをして、周りを巻き込みながら進めることで、最終的にはより良い機能にブラッシュアップし、不具合なくリリースすることができました。
Q. エイチームフィナジーでの目標や夢を教えてください。
人の役に立ち続けたいなと思います。エンジニアとして、人の役に立つサイトを作りたいです。そのためには、もっと知識がないと良いサービスが作れないので、本を読んだりセミナーに参加したり、少しずつ勉強しています。 あとは、「バンドマンでWebエンジニア」であり続けること!
Q. エイチームフィナジーのここが好き!を教えてください。
まずは、社員全員がお互いを認め合っているところ。会議でも活発に意見が飛び交いますが、誰かの発言を否定する人は一人もいません。 二つ目に、常にオープンコミュニケーションで、役職関係なく風通しがいいところ。社長のカズさんも、いわゆる社長!って感じではなく、すごくフラットですね。 そして何より、愚痴を言う人がいないところ。誰かの悪口を言う空気がまったくない。人を疑うことがない環境です。
Q. オフはどのようにすごしていますか。
現役バンドマン(ドラマー)として活動していて、ライブをしたりしています。実はフィナジーのメンバーともバンドを組んでいて、会社のテーマソングを作りました。先日の懇親会では、ライブ会場を貸し切って生演奏で発表しました!
バンド活動以外では、家でゲームしたり、あとは自分のバンドのホームページがあるのですが、そのサイトをラクに更新できるようなシステムを作ったりしていますね。エンジニアの技術が活かせています(笑)。
エンジニアとしてもドラマーとしても
どんどん進化していきたい!
Q. 今後入社をご希望される方にメッセージをお願いします。
経歴や年齢関係なく、全員がチャンスを掴みに行くことができる環境です。 より人の役に立つサービスを作っていきたいので、そんな志を持った人が来てくれたら嬉しいです。一緒に追求していきましょう!

STAFFスタッフ紹介